ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

伊勢谷友介「大麻暴走」の陰に〝アッキー人脈〟

投稿日:


アッキーとの〝大麻タッグ〟が、俳優の伊勢谷友介容疑者(44)を暴走させたのか。20年ともいわれる大麻使用歴が指摘される同容疑者。芸能活動の傍ら、社会貢献活動などに取り組んでいる姿と、違法薬物の常習はなんとも不釣り合いだが、事実上の〝免罪符〟にしていたのが、16日に退陣した安倍晋三前首相の妻・昭恵夫人(58)の存在だ。「医療用&祈とう用の大麻解禁論者」として知られる昭恵夫人と交流することで、慢心してしまった可能性が指摘されている――。

大麻取締法違反の疑いで逮捕された伊勢谷容疑者。17日発売の「週刊文春」では、同容疑者の〝大麻人脈〟の重要人物として昭恵夫人との交流がクローズアップされた。

同誌では、2015年7月に昭恵夫人が鳥取県智頭町にあった大麻畑を訪れた際、伊勢谷容疑者は自身のラジオ番組で、その畑を取り上げ「(大麻は)まさに誤解されきった植物ではないでしょうか」と発言したことを掲載(大麻畑の栽培者は16年10月に大麻取締法違反容疑で逮捕)。その後、飲み会やトークイベントでの共演、昨年は昭恵夫人の誕生パーティーにもお祝いに駆けつけていたことを報じた。

昭恵夫人といえば「医療用」と「祈とう用」の大麻解禁論者として知られ、麻薬成分のほとんどない大麻草をしめ縄づくりなどに活用できることを訴え、そうした発言が何度も週刊誌などで取り上げられてきた。

「16年7月の『世界麻環境フォーラム』で大麻の素晴らしさを熱弁。『週刊SPA!』(15年)で、『大麻栽培の免許を取ろうかと考えた』と明かせば、『週刊現代』(16年)での小池百合子都知事との対談では、文化的な価値を挙げて『日本を取り戻すことは大麻を取り戻すこと』とまで発言した」(芸能関係者)

そんな昭恵夫人の活動に賛同していたのが、伊勢谷容疑者だ。

日本の首相夫人が「医療用」「祈とう用」だとしても、大麻解禁を堂々と語ることに感激し、地方のイベントなどで超ハイテンションで、昭恵夫人と談笑する姿を多くの関係者に目撃されていた。

昭恵夫人としては、まさか同容疑者が大麻を使用しているとは思っていなかっただろうが、結果的には、まるで〝免罪符〟を与えるようなことになってしまったわけだ。

「親しい仕事仲間の中には、伊勢谷が大麻を使用していることを知っている人物はもちろんいた。ただ、伊勢谷は独善的で、注意をしても論理的なマシンガントークで正当化してしまう。そして『昭恵さんでも大麻を…』などと首相夫人を引き合いに出す。キレ気味でもあり、彼より立場の弱い人間は怖くて、次第に注意する人間もいなくなっていった」(伊勢谷容疑者と親交のある関係者)

世間的には俳優というイメージが強いが、実業家としても活動していた同容疑者。08年には社会貢献活動などに取り組む会社「リバースプロジェクト」を立ち上げ、代表を務めている。さらに、昨年4月に開校されたLoohcs(ルークス)高等学院(東京・渋谷区)の学長に就任した(逮捕後、今月9日付で解任)。

「同校の代表取締役を務める斎木陽平氏は安倍前首相の遠戚で、私邸を訪れるなど親交が深い。伊勢谷も安倍前首相とはもともと交流があった上、昭恵夫人や斎木氏との関係が深まり、『いつか政治家になってもいい』と上から目線で豪語することもあった。〝首相人脈〟への食い込みで、どこか自分は捕まらないという慢心があったのでは?」(前同)

どこまでも臆測だが、一部では「安倍前首相が8月28日に辞任したため、当局は伊勢谷容疑者の逮捕に急きょゴーサインを出した」と、まことしやかに語られたほどだ。

いずれにしても、伊勢谷容疑者は、大麻という共通点を武器に、昭恵夫人に取り入りながら、違う目的で使っていたのだからどうしようもない。
〝アッキー〟は、いいように利用されていたのかもしれない。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/09da9382fb513e1f9bf5213acce30c97d888d88f




【上記ニュースに寄せられたコメント】

*** | まあ、アッキーのお友達だということは確かなようだから言うけど、またかという感じ。
いいように利用されちゃう人だよね。
手越のときもそうだったけど。

sea | 医療用とかよく言いますが、医療用の同じような成分なら、いくらでもあります。大麻を医療用に推進している方は、中毒者の可能性が高い。

tar | 大麻を使えば完治する病気でもあるとか、大麻じゃなきゃしめ縄が作れないならともかく、代用できる物があるなら、わざわざ大麻を使う必要はないし、昔からの物だと言うなら、昭恵さんな、ウグイスのフンで化粧するのかよって話だ。

gqs | 伊勢谷と昭恵夫人は誕生日会に招かれるほど仲が良かった。
昭恵夫人は大麻容認主義論者で、医療用に活用できる事などを理由に、日本も大麻を容認すべきと公言していた。
この2つは事実なんでしょう。
それだけで十分だと思う。

dah | マスコミが「あくまで憶測だが」で記事書いていいの?  憶測がOkならマスコミは好きなように自分達の好きな憶測で記事がかけてしまう。 まぁ、今でも自分達の好きな思想で書いてるけど。  ついでに、伊勢谷氏って20年以上の常習性みたいだけど、昭恵夫人と知り合った頃にはもうすでに大麻にどっぷりだったはずでは? 昭恵夫人以前の問題で、本人の問題でしょ。

asr | やっぱり、関係なくても書かれると思ったらその通りになった。自分の浅慮な発言や行動がまわりにどんな悪影響をもたらすか考えることができない人。安倍さんも議員を続けるなら離婚した方がいいと思います。嫌なら議員辞職して治療に専念した方が楽しい老後になると思う。

cla | 遠回しに伊勢谷友介の大麻所持に、元首相夫人が関与している様な印象操作が酷すぎる記事だと思う。
アッキー人脈って何?
本当にネット記事に関するマスコミのタイトルの付け方や、裏も取らずになんでも書いたもの勝ちみたいなやり方は暴挙でしかない。

osa | 昭恵さんは好きではないが、これはこじつけだろ
昭恵さんも一部で大麻に関して興味を持っていたのは知らなかったが、それで伊勢谷が大麻使用したのは関係がない
昭恵さんが使用を促したとでも?
そもそも今回は使用したい目的が明らかに違うだろ
高樹沙耶もそうだが、本当に大麻にうまく活用すればメリットがありそれを推進したいのであれば、ちゃんとした正攻法で戦ってもらいたい
違法したらそれを語る説得力はもうないし、違法を犯した人がそれを論ずることは逆効果

yrp | 逮捕されたとたん20年前の知り合いが出てきたり今度は昭恵さんか…
何でもかんでも、憶測込みで記事にすればいいって問題でもないような気がしますが…。
逮捕されたのは本人が悪いのだし出てきたって今までのようにはいかないのは誰しもが思っている事だが世の中から抹消しかねない
袋叩きの刑
伊勢谷に限らず
今までも…

aki | 憶測で簡単に書かないで欲しいです。
めでたい話ならまだしも、誰かを悪く言う話題に関しては他人が憶測で周囲に広げてしまうのはダメでしょう。
いじめと変わらないです。
世にはこびるいじめって、こういう感じで始まるんですよね。
元々は本人に原因があることも多いけど、事実と憶測を都合のいいように解釈したらキリがないです。
プロなら一般の暇人と同じことしないで欲しいです。

【newscollege管理人コメント】

伊勢谷さんってどれだけ業界内で嫌われていたか想像してしまうほど憶測記事でイメージ壊されてますね^^
まぁ半分は本当なんでしょうが、、、伊勢谷叩きがすごいね。







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.