ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

山口達也容疑者「酒気帯び逮捕」でもTOKIOメンバーが見捨てない事情

投稿日:


「TOKIO」は見捨てない!! 同グループの元メンバー・山口達也容疑者(48)が道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕され、ファンに動揺が広がっている。今年7月、リーダー城島茂(49)らは「株式会社TOKIO」設立を発表、将来的な山口の復帰を模索していたところの最悪の事態。復帰の道は完全消滅したとの見方が圧倒的だが、城島らメンバーはそれでも山口を見殺しにはしない、いや、できない深い事情があるという。

山口容疑者は22日、東京都練馬区内で信号待ちをしていた乗用車にバイクで追突した。基準値の約5倍にあたる0・7ミリグラム前後のアルコールが検出され、現行犯逮捕。「また酒か!」と日本中をあきれさせた。

それもそのはず、2018年4月に酒に酔った末、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、ジャニーズ事務所に契約解除されてから、わずか2年半しかたっていないのだから。

山口が所属していたTOKIOは、長瀬智也(41)が来年4月1日からジャニーズを退所して個人で活動することや、城島、松岡昌宏(43)、国分太一(46)のメンバー3人がジャニーズの関連会社「株式会社TOKIO」で活動することを7月に発表した。

本紙も既報したが、これは山口をTOKIOに復帰させ、芸能活動を再開させる計画とみられていた。だが、再び飲酒にからんだ逮捕で芸能界からは「復帰は完全消滅した」との見方が圧倒的となった。

「メンバーも将来的に『株式会社TOKIO』に山口が関わる可能性について否定していませんし、今でも定期的に連絡を取り合っていて、グループに動きがあれば、そのたびに報告していた」とはテレビ局関係者。そんなメンバーを裏切ってしまったのだから、復帰への道が完全消滅しても仕方ないだろう。

だが、当の城島らはこんな状況になっても、山口の復帰を諦めていないという。

「グループ在籍時から深酒した際に〝自分はいなくなった方がいい〟などと破滅的な言葉を口にすることもあり、最悪の選択をすることまで心配していた。アルコール依存症が疑われる山口ですが、孤独や将来への悲観などが治療を妨げ、周りの支援が必要です。だからこそTOKIO復帰への道を模索し、バックアップしていた。逮捕を知った今でも、山口を〝見捨てる〟選択は考えておらず、『何かできることはないか』と話し合っているとか」(前同)

契約解除まで至った一連の山口の姿で、アルコール依存症治療の難しさを重々承知しているメンバー。デビューから苦楽をともにし、「TOKIOは5人」という熱い思いが〝諦めない〟姿勢につながってはいるが、山口が更生して、生きるためにも〝諦められない〟という現実的な問題もあるのだ。

現在、山口は両親と兄夫婦が献身的にサポートしている。その一方、契約解除した際には、メンバーが山口へのサポートをジャニーズ事務所に懇願し、事務所も精神面や生活面のサポートをしていた。

「『株式会社TOKIO』設立で、山口が将来的にバンド活動などで人前に出る可能性も指摘されましたが、まずはスタッフとして働き、裏方としての〝TOKIO復帰〟が現実的でした。今回の逮捕で、グループ名にまた傷がついてしまったことになるが、山口が自らの命を粗末にする選択をすれば、それこそ誰も望んでいない最悪の結末になる。やはり新会社に山口を受け入れるのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

一部報道では、山口の逮捕を知った城島ら4人のメンバーは言葉を失うほどショックを受けていたと伝えられている。

それもそのはず。このところの芸能界は、三浦春馬さん(享年30)、芦名星さん(享年36)、藤木孝さん(享年80)と悲報が相次いでいるだけに、城島らが心配するのも当然だろう。

山口は、ここまで絆を大切にしてくれる仲間がいることを肝に銘じて、アルコール依存症の治療に真剣に取り組むしか道はない。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/4e62c8b2c4a8eefa719796ae8bcfe9a6c3b5807c




【上記ニュースに寄せられたコメント】

fel | 呼気アルコール0.7なんて聞いたことない数字でのバイク運転は考えられない。交通事故で家族を失った方達がこのニュースを聞いた時に到底許される行為ではないと思う。

nan | アルコール依存症は確かに病気です。病気なので適切な治療が必要です。
病気だからといって、あたかも今回の飲酒運転が正当化するような風潮は間違いだと思います。
貴方の大切な人が事故に遭い、アルコール依存症だから減刑されても、病気だからやむを得ないと思えますか。
直接的に影響がないから綺麗事を言えますが、アルコール依存症で車両を運転した時点で薬物中毒と同列だと思います。
それすらも判断出来ない故に情状したりしてはいけないのだと思います。

kut | 許されないことではありますが、死者がいなくて何よりだと思いました。
マスコミも憶測を垂れ流すよりも、アルコール依存症の恐ろしさ、一体どんなペースで飲み続ければ依存症になるのか、なった場合の向き合い方などをニュースに絡めて記事にしてもらえると抑止になると思うんですが、バッシング記事だけで終わらせるのは建設的じゃないかなと

cad | 田代まさしの場合も最初はそうでした。鈴木さんとか桑野さんとかラッツのメンバーが叱咤して支えようとしていました。
でも何度も逮捕されてゆくと彼らも田代のことを口にしなくなりました。そういうものではないかと。

009 | 依存性は意志の強い弱いでは語れない。
と曰う方がいらっしゃる、古市ナントカという人もテレビで言ってた。
それは正しいと思う。
が、飲んでる飲んでない、酔ってる酔ってないの判断は確実に自覚出来るハズで、酒を止められないのは病状としてであるので根気強く周りのサポートを受けながら治療しなければいけないのだろう、しかし、バイクに乗る乗らないはアルコール依存症とは全く別のハナシ。
アルコール依存症だろうがなんだろうが、酔っていようがいまいが、バイクに乗る乗らないは意志で決められる。
大型バイクは凶器になり得るということを何故スルーして、依存症は意志の強さ弱さじゃないなどと問題を置き換えるような筋のズレたこと言う人がいるのだろう?
今回の件は飲酒運転というのが一番の問題。
酔ってバイクに乗ったのは、確実に山口の意志。
酒が止められないという依存症の症状とは全く関係ない。

nak | その甘さが彼をダメにしてると思う。でも、鬱の件もあるので見放せば自ら終止符を打つ可能性は大いにあると思う。難しいよね。

t12 | アルコール依存症と酒気帯び運転は別問題だからね。
同じように考えたらダメだよ。
そういう、山口の判断の甘さがある。
近くに小学校のある事故現場。
万が一何かあった時も、同じことが言えるのかな?

noa | 後続車のドライブレコーダーでみても、フラフラ危ない運転。
はみ出たら対向車、歩道に人がいたら命すら危険。
次の日予定あるのに、凄い酒量。
TOKIO復帰はかなり難しいかも

mpf | 復帰の方向性とか、また一緒に仕事できる日を、とかじゃなくて、病院とか施設について調べたり探したり、自分も依存症者の友人、知人としての接し方を勉強するとか、ちゃんと自助のミーティング行ってるか?とか(飲んでないだろうなー!とかじゃなくて)、そっち方面でバックアップしてあげてよ。
どうして男の人は「仕事復帰」「一緒に仕事すること」をいっちょ上がり、ゴール、安心、社会復帰と捉えてしまうんだろうね。

che | この先はメンバー次第だし、仮に復帰するにしても受け入れるかどうかはその時のファン次第。
ただ、見捨てないということは本人と一緒になって依存症と戦うと言う事だと思うが、忙しい彼等にそれができるのか、保護者として彼の行動に責任を持てるのか、という事になると思う。
次に、またその次に、話題になる時の様子がどんな形になるのか見守っていきたい。

【newscollege管理人コメント】

山口さんの近くにいて献身的に支えてあげないと彼は転げ落ちる一方になるかと。
病院に入れて、入院して、治療してって話じゃないと思うけど。
アルコール依存症は治療だけで克服するのは大変。
誰かの支えが彼には必要。







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.