ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

署名活動にまで発展した三浦春馬さん「他殺説」がはびこる背景

投稿日:


7月に亡くなった俳優・三浦春馬さんをめぐり、ネット上で“他殺説”が流れていという状況を、15日発売の「週刊新潮」が報じた。〈ファンは真相究明の嘆願書名 「三浦春馬」 他殺説が流れる元凶は「事務所」〉の大見出しで特集している。

かいつまんで言うと、当初「遺書があった」と報じられたものが「遺書のようなノートがあった」に変わり、後日、三浦さんの所属事務所「アミューズ」が公式見解として「遺書はなかった」と発表。これが「じゃあ、遺書もないのになぜ自殺と断定できたのか?」とファンの疑念を深める結果になっている…と指摘するものだ。

ネット上では真偽不明の情報が氾濫し、三浦さんが最後に撮影した連ドラ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の撮影現場で暴行や嫌がらせを受けていたのではないか? という明らかな“ガセ情報”も拡散された。

そうした流れのなかで、三浦さんの一部のファンは警視庁に説明と再調査を求める署名を展開。現時点で9000通以上が集まっているという。

「所属事務所には三浦さんが亡くなってから、連日ファンの問い合わせが殺到しています。中には『事務所のせいだ』という内容も含まれているそうです」(スポーツ紙記者)

背景にあるのは、事務所の発表に対するファンの不信感だろう。例えば、一部週刊誌は、海外留学した三浦さんが事務所の指令で嫌々スピード帰国させられたと報じた。アミューズは9月の公式見解でそうした疑惑を完全否定したが、週刊誌報道に言及する姿勢などに、ファンは首を傾げたわけだ。

「アミューズもまた、苦しい対応を迫られていました。三浦さん急死のショックは、いうまでもなく事務所が最も大きく受けている。週刊誌で知る情報も多く、社内で1つ1つ精査していたのです。“遺書”をめぐっても、ファンに誤訳されている。遺書らしきノートはありましたが、その中に死を暗示させる具体的な表現はないと言ってよく、前日暗い内容でも翌日は明るかったりして、警察が『これは厳密な意味での遺書に当たらない』と結論付けた。死を明確に予告する『遺書』のハードルは高いのです」(女性週刊誌記者)

警察は捜査のプロで、現場の状況から彼らが早々に「自死」と結論付けた意味を、しっかり直視しなければならない。他殺と自死では体に残る傷やアザの付き方など、大きく違う。一部ファンからは「検死」による解剖結果が公表されていないという指摘もあるが、取材する限り、三浦さんの場合は「検視」。読んで字のごとく、目視による確認で自死と判断された可能性が高い。

ファンの切実な思いはわかるが、現時点で警察が新たな事実を公表することもなければ、再調査に動くこともないだろう。前出のスポーツ紙記者はそれらを踏まえてこう述べる。

「今回の騒動は自死報道の難しさを痛感させる出来事でした。事務所側は遺族や他のタレントへの影響を考慮し、公にできる情報を精査します。性質上、芸能マスコミに積極的にアナウンスもしません。しかし、そうした姿勢が一部のファンには『自己保身』『隠蔽』と映ってしまう。自死報道の在り方を見直さなければいけないかもしれません」

また、今回のケースでは芸能マスコミのを名乗る人物などがSNSで独自の見解を展開したことも混乱に拍車をかけた。ワイドショー関係者いわく、

「そうした情報を発信している人たちを、取材現場の最前線で見たことはありません。よほどアクセスが良かったのか、三浦さん絡みでブログを頻繁に更新し、動画配信までする。竹内結子さんを巡る記事では、度を超す憶測で大手芸能プロを怒らせた人もいたと聞いています」

あまりにも悲しすぎる若いスターの自死。衝撃に比例して、その余波もあまりに大きい。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e26bdaf982d4bd1c5266d7d5b8beb4f06b8f0f7




【上記ニュースに寄せられたコメント】

haq | では、遺書ひとつにしても正確ではない情報を確定ではない段階で流したマスコミの責任は?
そこが一番大きい。
きっちり一貫した情報であれば誰も最初から疑わなかっただろうな、と
春馬さんファンではなかった私は客観的にずっと思っていたし、今でも思ってる。
ファンの心理が悪いみたいな印象の書き方はファンの方々にとって失礼です。
事務所もマスコミも春馬さんでお金が潤っていた部分もあるはず。
ファンの方々がいなければ、ないはずのお金が。
事務所はファンの方々に対して一番誠実でいなければいけないのではないですか?
それができないなら事務所を畳むべきですね
この商売に向いてない。
マスコミも目先のお金欲しさに不確定なネタを流しファンの方々を混乱させていることに謝罪をするべきであり
このような書き方をするのは見ている人間に対しての冒涜ですね
失礼極まりない。

wsf | たった3か月で、「いまだに」って何でしょう?
気持ちの整理つく人の方が少ないのでは?

a** | 春馬くん出演のカネ恋ドラマは問題作で、香港と台湾の新聞でも大きく報道されて(特に演出家達が)います。
法に触れる可能性が高いです。
国内では一切報道されていません。

yuj | ずっとずっとファンで大好きだったよ。
今苦しみから解放されて穏やかでいることだけ願うよ。
もうそれだけ。

jaz | センセーショナルな悲しい出来事、また三浦さんの素敵な人柄もあり応援していたファンの悲しみも動揺も大きかったと思います。
メディアの報道の在り方も考えて欲しいです。

jyu | 警察の捜査が判断が適切であったかどうかは不明です。
ただ、家でなくなった方、身体中に青アザがある方で(精神疾患があったのですが)事件性はないと検視のみで自殺と判断した場合がありました。
三浦さんの場合、どうだったのか。
いずれにしても真相は分かりませんが、ただ、ただ、若くて美しい芸術的な才能のある人たちが救われるように、芸能界事務所はもっと使い捨てのように人を扱うのでなく、大切にしてほしい。思いやり、人の気持ちに寄り添ってほしいです。商品ではなくて、人なのですよ。

uru | もし、もし彼が世間で言われている亡くなり方なら、それは「過労死」であって、事務所が誠心誠意、詫びる事ではないでしょうか。なぜ早くにそれが出来なかったのでしょう?だから疑問が生まれたのです。
一般社会では、かなり問題になります。
芸能人だけが何故、ひっそりと葬り去られてしまうのでしょうか。
気の毒で仕方がありません。
彼の冥福を祈るならば、所属タレントのメンタルに、もっと危機感を持って下さい。
私達は、今回の事務所の対応を、一生忘れる事が出来ません。
事実と違うなら、一刻も早く、会見と説明をしてください。

rin | エーベックスのMが明らかに大麻乱用しているのに逮捕されないのは、エーベックスがお偉い警察OBをやとっているみたいだから、アミューズもいるのでは?
皮肉にもアミューズの吉高由里子のドラマで警察が事情聴取しようとしたら、うちの一族は警察の上のものと懇意だって言って、事件を事故に変えさせたシーンがあった。

zfl | 毎日、今日こそは春馬さんの死と事務所の関係に切り込んだ記事がでるかと、ヤフーニュースで記事を探す日が続いています。春馬さんがいなくなって3か月。毎日探しています。
尋常ではないスケジュールをこなしていた事実。
どんどん痩せていっていたという事実。
ドラマの収録途中で亡くなったという事実。
事務所が関係ないわけないでしょ。
そして、この記事も事務所に言われて書いたような、事務所擁護の記事。
おかしい。おかしい。おかしい。
無理だけど、あの美しい春馬さんを返してほしい。毎日そう思っています。
生前、大のファンでもなかった私にまでも、こんな影響を及ぼしています。
それほど、三浦春馬は偉大でした。

cha | 事務所の対応はお粗末なものだとは思っています。
株価影響を気にしてなのかとも。
SNSで騒がれている他人が関与したとは思いませんがこの時期にHP更新したり神経を逆なですることばかりが続いています。
ドラマ等番宣も1日遅れや、これは儲けようとしてるんじゃないアピールが見えます。
何が一番大切かショックを受けてるのは理解しますが人の命です。
今後同じことが起きないようしっかり受け止めてほしいです。

【newscollege管理人コメント】

今年は芸能人の自死報道が多い。亡くなった方々が多い。
それが自死であれ他殺であれ、、、芸能人の死亡報道が多い。
何故多いのか?そっちが気になる。。。







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.