ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

劇場版『鬼滅の刃』“予備知識ゼロ”で観た人から飛び出した「素朴な疑問点」

投稿日:


10月16日から公開になった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、公開3日で興行収入46億円を突破。日本映画史上、類を見ない最高のスタートダッシュを決め、今や社会現象と言っても過言ではない。『鬼滅の刃』の人気ぶりは映画公開前からさまざまなメディアが取り上げ、アイドルや女優、芸人たちが話題にしたり、コスプレに挑戦するような盛り上がりも見せている。

そこに映画の快進撃が重なり、原作コミックやアニメをまったく見たことのない層にまでブームは浸透しつつある。実際、私の知人は『鬼滅の刃』に関する知識が皆無にもかかわらず今回の映画に興味をいだき、「無限列車編」を一緒に観ることになった。

その知人はスクリーンで初めて観た『鬼滅の刃』の壮大な物語と美しい映像、声優陣の魂のこもった演技に感動の涙まで流していたが、あらためて映画の話を聞いてみると、当然ながらあやふやな部分が多数あることが判明。

そのせいで映画鑑賞後に作品に関する質問攻めを受けたが、そこから『鬼滅』初見の人がどのあたりに疑問を感じるのかが浮き彫りになった。その中の映画のネタバレにならない部分を抜粋しながら、作品を知らない人のために簡単に解説していこう。

■鬼滅初見の人が「気になった」2人の存在
『鬼滅の刃』の知識ゼロの知人が、映画で最初に気になったのが嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)の存在だという。彼の「頭がイノシシで上半身裸」という奇抜なスタイルを見て「イノシシと人間のハーフ」だと勝手に思いこみ、鬼が登場する物語だから狼男のようなキャラがいても不思議はないと考えたそうだ。しかし物語の途中で「被り物」というセリフが出てきて、初めて伊之助も普通の人間だと気づいたらしい。

作品を知らない人のために補足すると、伊之助とは主人公・炭治郎の同期の仲間であり、ちょっと好戦的な剣士だ。山育ちの本物の野生児で「実は素顔は美少年」である事実を知人に伝えると、がぜん伊之助に興味を持っていた。

次に知人が気になったというのが、炭治郎が背負う箱の中に入っていた女の子・竈門禰豆子(かまど・ねずこ)の存在。とくに「口に竹をくわえている」のが気になって仕方がなかったそうだ。鬼滅を知る人にとっては当たり前すぎる禰豆子のスタイルだが、作品を知らない人の目には「あれはなんだ!?」と奇異に映ったのだろう。

言うまでもなく禰豆子は炭治郎の妹。炭治郎の不在時に家族全員が鬼に襲われ、唯一生き残ったのが禰豆子だ。そのとき鬼の血を浴びてしまったことで、禰豆子は鬼と化してしまう。ただ普通の人食い鬼と違って、なぜか禰豆子は人の肉を食べなくても我慢できる上、人を襲うこともなくなった。それでも「日の光が苦手」という鬼の習性があるので、日中は箱の中に入っているというワケだ。

それと竹をくわえているわけじゃなく、あれは「竹で作られた口枷」をつけている。鬼の本能に負けて人間を食べないように、という意味がある……と知人に伝えると、一応納得はしていた。

■鬼殺隊のメンバー構成にも疑問?
主人公の炭治郎、伊之助、そして金髪の少年・我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)の3人が同格くらいの仲間で、その先輩か上司っぽいのが煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)という関係性は映画を観て何となく理解したらしい。ただし「彼らが何者で、どうして鬼と戦っていたのか」は分からずじまい。

炭治郎たちは、人食い鬼を討つために存在する「鬼殺隊(きさつたい)」という組織に属する若手剣士。煉獄杏寿郎はその組織に9人しかいない「柱」と呼ばれる最高位の1人であることを説明すると、「鬼滅の知識ゼロ」というだけでなくアニメや漫画の知識も乏しい知人には、それがピンと来なかったようだ。

もっと詳しく聞くと、組織のトップ9にいるような偉い人なのに、若手と一緒に現場の危険な最前線にいることが不思議に感じるとのこと。どうやら「柱」を企業の重役か何かと勘違いしているようなので、「鬼殺隊」は現代の企業のような組織とはまったく違うことを事細かに説明しながら、どの「柱」と呼ばれる偉い人も現場に赴き、若手と一緒に危ない仕事にも従事している旨を伝えた。

まだ未熟な炭治郎たちを現場でフォローするような先輩……「どちらかと言えば課長とかプロジェクトリーダーくらいの役割かも」と説明したところ、何となく飲みこめたようだ。だが、正直このあたりに疑問を抱く感覚は、私には理解不能だった。

■まだ『鬼滅の刃』を知らない人に伝えたいこと
これから映画を見ようと思っている方にあらかじめ伝えたいのは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は26話にわたって放送されたテレビアニメの続き(コミックスでは7巻目に相当)を描いた映画だということ。

映画の中に、これまでのあらすじやキャラクター紹介などはなかったので、個人的には最低限テレビアニメ(もしくは「無限列車編」の前までのコミックス)を観ておかないと、私の知人のように劇中だけでは理解できない部分が出てくるかもしれないと感じた。

とはいえ「鬼滅の刃は知らないけど、いち早く映画を観てみたい」という人に「まずはアニメ全話か、漫画で予習してから!」というのも少々酷な話なのかも。もし一人で観に行くのなら、映画の公式サイトで基本的な情報くらいはチェックしておいても損はないはずだ。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/9507d48bc3cf88f2dfed792837a2217a0acadd3f?page=1




【上記ニュースに寄せられたコメント】

kaw | マンガ原作で、テレビアニメが放送されたことのある劇場版アニメであれば、通常は来場者が一定の知識がある前提に立ちますから、初見の人に分かりづらい面があるのは仕方のないところです。むしろいちいち説明すれば、モヤモヤする人が多いかもしれません。
ただ、これだけヒットをしたコンテンツですから作品は詳しく語れる人は多いでしょうし、初見の人が一人で行くこともなく、同行する友人・知人もいるでしょう。ガイド役にすれば、ある程度の疑問は解決するし、鬼滅の刃の話で盛り上がるでしょうから、むしろ良いのではないでしょうか。

ima | 私も友人に面白いからといわれて、フジで流していたのを見ました。
登場人物の風変わりな名前もさることながら、最初に疑問をもったのがやはり竈門禰豆子です。なぜ彼女は「口に竹をくわえているのか?」ということでした。
友人に解説してもらって一応納得。
2週目の番組を見て嘴平伊之助をはじめて知りました。
彼はなぜ「頭がイノシシなのか?」魔法にでもかけられて頭だけ猪にされてしまったのか?
番組をみていくと被り物だときがつきます。
この記事を読んで、みんな疑問に思うことは一緒なんだなぁと思いました。

xtk | あまりにも話題なので配信サイトでTVアニメ版を全話一度ずつ見た状態で行きました。TVアニメを見た時は映像と音楽が綺麗な作品でたしかに良作ではあるけど持ち上げるほどか?と内心思っていました。
映画を観たら映像、構成、音楽、声優の演技、全てが素晴らしくて驚きました。
全体的に家族愛を感じる内容で幅広い世代に受け入れられるのも納得できます。
声優さんの演技は役者には出せないのがよく分かりました。ゲストに役者がいなかったのも良かったです。

cr* | 自分はジャンプで連載されていたことは知らなくてDアニメでおすすめに出てきたので見てみたら面白かった、はよ2期作って欲しいとおもっていたら続きが劇場版だったので劇場版も見たってところかな、テレビでも映画でもネット限定でもいいから生きてるうちに最後まで見たいな。心配なのはまだ出てきてないキャラにわけのわからん芸能人やモデルの吹き替えが使われることと実写化とパチンコにするのは勘弁

kae | 「なぜ重役が若手と一緒に最前線・・・?」には笑えました。
オタじゃない一般人は、そういう風に受け止めるんですね。
自分は、鬼滅にハマらなかったオタなので、竹の意味もわかってなかったし、煉獄さんって誰・・・? 状態だけど、そこはまったく疑問に思わなかった。重役が最前線って、アニメマンガ特撮では当たり前ですよね。
鬼滅の基本も知れたし、非オタの感覚も新鮮だったし、面白い記事だった!

bom | あまり深く考えなくてもいいと思うけど。
面白ければ見る、つまらないなら見ない。
周りでどれだけ騒がれようと自分の感覚を大事にしたほうがいい。

har | 子供の付き添いで、私もほぼほぼ知識がない状態で観ました。
話の中の途中のエピソードを抜粋しての映画化だから、終わり方も消化不良感はあるけれど、こればっかりはしょうがないし、寧ろ、続きが観たいと思うような作りでした。
なにより、ナレーションでの説明やらなんやらいれずに、原作ファンに向けた作品の作り方は「潔い」なと思いました。
いまさら、原作読んでます。

caf | 猪とのハーフって想像に笑っちゃいましたが、思い返せば原作最初読んだ時、伊之助の初登場の印象は「出た!鬼!」でした。
そう思わせたかったような描き方だったのですが、鬼殺隊だと分かるのにも少し時間かかりました。
慣れてしまってましたが確かにあの見た目は異様ですよね。笑

icp | 話題だからと、アニメ一話を見て見ましたが、途中で挫折。私は無理でした。
影響をたくさんの人に与えてる面では、直木賞とか芥川賞とかの作品も一応読みますが、全てが自分にはまるものではなかったです。
その人その人にとって良ければ、それでいいと思います。
私は、はまらなかっただけです。

Rex | 最初にアニメ版を見たとき、子供が命を落とすほどの隊士の選抜試験って、親方様の子供を鬼から守りたいという思いと矛盾してんるんじゃないかと感じたのを思い出した...

jha | 柱たちはどこか勧善懲悪的に切るだけだけど、赦しとは何かを思い、鬼が罪を犯したことを最期に省みる、かつて「人」であった魂の尊厳も大切にする炭治郎の在り方が、この作品の魅力だと思う。

【newscollege管理人コメント】

2020年オリンピックがなくなったので今年一番のヒット。社会現象といっていいと思う。
これだけ経済をお金を動かす力がアニメにはある。漫画にはある。
それを改めて証明したかと。
しかし、、、スゲー人気だよね^^







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.