ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

伊藤健太郎の近況をキャッチ! 謝罪行脚、示談交渉、〝文春砲〟に大泣き

投稿日:


道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で警視庁に逮捕、釈放された俳優・伊藤健太郎(23)の近況が明らかになった。

伊藤は10月28日午後5時45分ごろ、東京・渋谷区内で車を運転中、20代の男女2人が乗るバイクと衝突。女性は左足骨折の重傷を負った。捜査は継続中で、近々にも起訴されるかどうかが決まる。

「何としてでも裁判は回避したい伊藤サイドは被害者2人と示談交渉を行っている。前向きに進展しているとは聞いている」(関係者)

被害者と示談し、ミソギを済ませて俳優復帰…という青写真を描いているのかもしれないが、その矢先にメガトン級の〝爆弾〟が投下された。

5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が「恋人に首絞め、中絶、猫虐待 伊藤健太郎の暴走人生」と題した記事を掲載。見出しだけでも致命的なダメージを負いかねない内容だ。

これに伊藤の所属事務所「イマージュエンターテインメント」は、公式ホームページ上で「掲載内容について確認を取りましたところ、事実に反している部分が多数あり、週刊文春に対しては記事内容について厳重に抗議を行いました」と声明。法的措置を検討していることを明かした。

前出関係者によると、伊藤は〝文春砲〟にショックを受け「ワンワン大泣きしていた」という。

文春でも突発的な出来事に対応できず、号泣する描写が登場するが、それに通ずる!?

テレビ関係者は「本人はもっか仕事先への謝罪行脚の最中。めちゃくちゃ反省しています。週刊誌などで再三、日頃の悪態が報じられましたが、そうは見えないほど恐縮しています」と明かす。

警察の捜査が終わり次第、伊藤はしばらくの間、謹慎となる見込みだ。当初、その前後に記者会見の開催もウワサされたが、ここにきて「手練れの芸能リポーターの質問に平常心でいられるか怪しい。どうなるかは流動的」(ワイドショー関係者)という。どうなることやら…。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/f4054e8cd42959f922d6888c97878d5b63bd859e




【上記ニュースに寄せられたコメント】

boy | 事故を起こし現場から逃走→逃げ道をふさがれる→免許証の写真を撮られる→観念して現場に戻る→スマホいじり→救護活動なし
人が亡くなっていた可能性もありますし、止める人がいなかっ100%逃げていたでしょ。
擁護できる部分がまったくなく、舞台の降板程度で済めばいいですね。

hay | マスコミも、ここぞとばかりに畳み掛けてきますね。あの時逃げたりしなければなぁ。
時間は戻せませんが、大きな分岐点になった事は確かで、後悔先に立たずですね。

kyo | 事故後の行動はとても擁護できるものではないし、迷惑を掛けたクライアントに謝罪するのは、当然の行為。
それ以前に被害者への謝罪と、示談を成立させないと、復帰そのものも無いでしょう。。。。
現時点で復帰を模索しているならゲスいし、筋道が通っていない!

keb | 行動を見ていると、やはり彼は精神面が成長しておらず中学生か高校生のままなのだろう。
今になって自分のしたことの愚かさに気付くなんて。哀れ。示談になったとしても人前に出る仕事は難しいと感じます。
ただ、人間としては成長して謙虚で思いやりのある大人になれば良いのでは。

geb | たいてい問題起こしても復帰できるのって、既に地位を築いた大物だけ。売り出し中の若手で、しかも身勝手な運転した挙げ句ひき逃げじゃ復帰できないだろうよ。

mky | バイクと衝突しバイクが転倒し人が投げ出されるのを見ながら、逃げようとする人は擁護しようがない。
人間の根本に欠落した何かがあるのだろう。
文春の記事も大まかには事実なんだろうなと思ってしまう。

coc | 芸能界は諦めた方がいいと思う。
信用が崩れ去るのなんて一瞬です。
まして、大勢の関係者に多大な迷惑かけた訳だから、一般人になり、出直す転機でしょ。
今回仕出かした轢き逃げと、人格では、またいつなにをやらかすかわからないから、使ってもらえないと思う。

*** | 「アリとキリギリス」の実写版キリギリスみたいな奴だなw
「ワンワン大泣きしていた」「日頃の悪態が報じられましたが、そうは見えないほど恐縮しています」「恋人に首絞め、中絶、猫虐待 伊藤健太郎の暴走人生」
全ては自分が歩んで来た人生の結果。日頃から人を敬い謙虚に仕事に取り組み、恋人の首を絞めず、赤ちゃんも産ませ、猫を可愛がっていればこんな事にはなっていなかった。上記の真面目な姿勢で生きている人間ならば事故に直面した場合も適切な対応をして現状の様な取り返しのつかない人生にはなっていなかっただろう。
この事件は芸能人が起こしたから後から擁護する意見もちらほら飛び交うが、これが一般人同士の事故でニュースに流れたら問答無用で容疑者叩き一択となる案件だっただろう。「人を車で撥ねて」「その場から逃走し」「追いかけて来た人に捕まり現場に戻り」「スマホ片手に平然としていた」。連想出来る人物像はもはや半グレ。

yvq | 反省しての涙なのか、今後の自分の人生の不安への涙なのかは知らんが、やってしまった罪は消えない。確かに誰にだって2ndチャンスはあってもいいと思うが、被害者あっての罪を犯したら、少なからず公共の電波を使ってのお仕事はやめてほしい。だって絶対不快な思いをされる方は必ずいますから。今の時代には、YouTubeとか配信系のSNSは、いくつもあるので、そちらの方で頑張って下さい。見たい方は必ずあなたについていくと思うので。

1_1 | 口をすっぱくアドバイスし続けたマネージャーさんの言葉が身にしみていると思う。
口うるさく感じ担当まで外させたけれども、ひき逃げ事故発覚直後から表面化した人間性の数々はまさしくアドバイスし続けた事ばかりだと思う。
親身になって言葉を掛け続けた人を排除するような人だと仕事を再開するのも厳しいと感じる。
事務所は違約金の返済があるから復帰させたいんだろうけれども事故の初動対応やこれまで各所での言動は決して誉められたほのではないと思う。
ここまで悪評が浸透すると厳しいと感じる。

【newscollege管理人コメント】

当然と言えば当然すな。一から社会人の心を勉強するべきすな。
逃げることのリスクをしっかり認識して欲しい。ほいで、逃げない人間になってもらいたい。







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.