ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

渡部建が会見で示せなかった復活への「カギ」

投稿日:


お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんが自身のスキャンダルについて会見を開きました。

「週刊文春」が一報を出してから約半年。なぜ、今、会見を行ったのか。

約1時間40分にも及ぶ会見でしたが、とてもシンプルで根本的な質問の答えが出ない。

その結果、会見を通じて渡部さんが伝えたかったことが、いったい何だったのか。それがどんどんわからなくなってしまう。そんな1時間40分でした。

会見のポイントは多々あったかと思いますが、周囲の関係者や渡部さんと同年代の芸人さんから話を聞く中で、僕は会見で最も注目していた部分がありました。

それが相方・児嶋一哉さんに対する言葉です。

11月21日更新のYahoo!拙連載でも「渡部建復帰、そして再生。最大のカギとは」のタイトルで綴ったのですが、今後の渡部さんにおいて、大きなカギとなるのは、相方さんとの関係だと僕はとらえています。

21日の拙連載を抜粋すると、以下のようなものでした。

●渡部さんのスキャンダルが出た時に、芸人仲間からすると「やっぱり」とまではいかなくとも「さもありなん」という声が聞こえてきた。

●相方の児嶋一哉さんとのやり取りを知っている同年代の芸人さんらからすると「かなりシビアな考えを持つ人間」という声もあった。

●共演者やスタッフさん、懇意にしているグルメ仲間は一様にナイスガイと評すものの、近い人間からすると“ムラ”があった。その“ムラ”が最もきつい形で出ていたのが相方への態度。

相方への態度が、その芸人の本質を表す。

あらゆる芸人さんから、異口同音にそういった話を聞いてきました。

渡部さんのスキャンダルがあり、孤軍奮闘する児嶋さん。ドラマに、バラエティーに、これまでよりもさらに出力高く、その能力を発揮されていました。

“片方がつまづいても、もう一方が頑張れば、屋号は廃れない”

これはコンビの鉄則であり、今回はまさにそのど真ん中をいく話だったと考えています。

その半年を経て、騒動後初めて自分の声を世間に届ける。そこで渡部さんが児嶋さんにどんな言葉を残すのか。

そこにこそ、この半年の意味があり、これからのカギがある。

そう思っていたのですが、会見では「(相方に)頭を下げさせ、涙を流させ、自分は謝罪しない。それは怒られて然るべきです。相方の姿を見て心苦しかったし、申し訳ない気持ちでいっぱいでした」というような言葉にとどまりました。

もちろん、相方ですし、照れもあるでしょうし、もしかしたら、誰にも知られないところで深い話をしたのかもしれない。

ただ、渡部さんの児嶋さんへの言葉から、僕は厚みや奥行きを感じ取れなかった。新しい渡部さんを見せるべき場で、新しい渡部さんを僕はほとんど見つけられなかった。

昨年、いわゆる闇営業騒動がありました。その流れで「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが謹慎生活に入りました。

昨年12月にアップされた、これもYahoo!拙連載で相方の田村淳さんにロングインタビューをしました。言葉の端々に相方への愛が満ちていました。

そして今年1月、淳さんとのトークライブという形で亮さんが仕事復帰しました。ライブには僕も足を運びましたが、終演後、会場を出ようとすると、出口のところに亮さんが立っていました。

僕の顔を見るなり、両手で力いっぱい僕の手を握りしめながら言いました。

「淳から話は聞いています。いろいろと、本当に、ありがとうございます」

言葉としては、それだけの短いものでしたが、その握力。両方の目からあふれるもの。そして、全身にみなぎる気持ちの熱。

そこに、騒動を経て生まれた相方との強い繋がりを感じ、新たな亮さんをこれでもかと感じました。

そういった心に突き刺さってくる思い。芸人さんを20年以上取材する中で、幾度となく肌で感じてきましたが、今回の渡部さんの言葉からそれを感じることはできなかった。

あくまでも個人的な感覚ではありますが、そこはとてもショックでもありました。

会見とは恐ろしい場です。真剣勝負のリングのように、これまで積み上げてきたものが一気に崩れることも思いっきり想定されます。

それは、イメージが命の芸能人にとって、文字通り命取りになることでもあります。

だからこそ、できる限りの準備をする。

尋ねられるであろうことに対して、しっかりと言葉と情報を整理しておく。説明に際して、周囲に理解を得ないといけないところがあれば、きちんと話を通しておく。

逆に言うと、それができてないうちは会見を開くべきではありません。

これまで、準備不足が大きな原因となり、おそらくは本人が思っていたような会見にならなかった例をいくつも見てきました。

スマートで、達者で、切れ者。そんなイメージを作り上げてきた渡部さんの顔から汗が噴き出し、同じ言葉を繰り返す。

ボクシングにおけるジャブのような“大セオリー”とでもいうべき第一撃で、フラフラになっている。そんな印象が残り続けた場でもありました。

時間は前にしか進まない。もう一回、時を戻して会見をやることはできません。

この会見を踏まえて、今後、渡部さんがどう動くのか。言わずもがな、生半可な道のりのはずがありません。こちらも全力で、注視していきたいと思います。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/26048dafae6de215d525acb2cdffac093005b016




【上記ニュースに寄せられたコメント】

hi_ | 渡部をフォローするつもりは一切ないけど、記者のレベルもどうなのか。しどろもどろの渡部に対して「こっちもガキの使いで来たんじゃないんで」と言った記者、ドッと沸いた会場…気持ち悪かった。集団リンチのようで気色悪かった。スポーツ選手とかに低レベルな質問をしてよくここで叩かれてるけど、不祥事を起こした人には何を言ってもいいのか。何でも許されるのか…

thk | 地に足ついた冷静な記事。
この記事の通りだと思う。渡部はプライド自尊心を捨てきれなかった。相方より自分の方が「上」という思いが染みついていて芸人なのに「馬鹿」になりきれなかった。
いくら頭を下げ、許しを乞いても肝心の相方への想いが希薄すぎて…
今回の会見は渡部にとって、やはりマイナスだったと言わざるを得ない。

bou | 鍵も何も、児嶋氏や周囲がずっとアドバイスしてくれてたであろうことをちゃんと取り組めば良かっただけの話。
好感度の低さも己が撒いた種だしな。

pol | 当初渡部本人も「そろそろ復帰できるんじゃないか?ガキ使の特番でサプライズ出演して笑いを取って話題になれば、そのまま年明けから復帰できるだろう。」くらいに考えていたのが、まさかのサプライズ出演情報の流出&想像以上の世間からの批判(当然だけど)。
逃げるように活動を休止したから、会見をしないと復帰なんかできないと考え、今回の会見をしたのだろう。
でも「会見を開けば復帰できる」なんて誰も言ってないし、そんな決まりもない。
そもそも会見を開くのが遅すぎる。
今更何を聞いても世間は受け入れるとは思えない。
「謝罪会見」ではなく「事実上の引退会見」になったような気がする。

mis | もしかしたら…仕事先、事務所、人間関係等、言えないことや言わない約束もあったのかもしれません。
でも一番はその姿勢や熱度が伝わってこなかったってことかな。
そもそも共演者・関係者からの信頼があったなら、それなりのフォローもあったのかもしれませんが。それが ほぼ皆無ということは、そういうことなでしょうね。
所詮は“人”であり“人望”なんだと思います。

msm | 会見するならガキの使い出演した事実は話せるように根回しするべきだったね。
言えないなら会見開いた理由とのそもそもの整合性が取れないから会見できないわけで。
なんのために開いた会見なのか、一刻も早く会見をと言っていたが、なぜ今、の質問にさえ答えられない。
ガキの使いに見限られた渡部という構図がハッキリした。
日テレも凄いね、人とは思えない。

pmu | テレビ復帰収録を知った佐々木さん側の事務所が怒って記者会見を開かせた流れ。相方にも伝えず収録していた。謝罪する気持ちがあるはず無いと・・・。高過ぎるプライド。人によって対応違う人。相方の活躍をどんな気持ちで見ていたかはわからない。

aqa | 相方の人本当に人柄良さそうだし誠実そうなのにね。あんな人がそばにいるのに雑に扱って価値が分からないのかな。
それにしても芸人仲間にも嫌われてるような人をなんでダウンタウンは使おうと思ったんだろうな。

zzz | 本音なのか口止めされて言葉を選びながらなのかは不明だが、本当に復帰したいなら今回のような会見にはならないでしょう。
渡部を起用しようとする番組関係者の思考が知りたい。
ようは視聴率しか興味がない。
渡部出して話題作りなんだろう。

non | そもそも復帰ありきの会見だったわけで、それならそう言えばいいのに言えない状況だったようだし。記者の質問に対して明確に答えられないようでは、会見する意味はなかった。

【newscollege管理人コメント】

謝罪会見をした訳だから、渡部さんの禊は終わったと思う。
それくらいのキツイ会見だったと思う。
彼を非難するのは簡単、やったことがやったことだからね。でももういいと思う。
再出発の時と思うよね。







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.