ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


国内news

活動してないのに報酬3億円 「幽霊消防団員」、その実態は?

投稿日:


消防活動をしていないのに報酬や手当を受ける「幽霊消防団員」が各地で広がっている。消防団員は非常勤特別職の地方公務員。その活動実績は地方交付税の算定根拠になっている。団員の成り手不足が深刻化する中、活動需要があると装って予算を確保する苦肉の策とみられ、政府は実態調査に乗り出した。

毎日新聞は全国の「幽霊団員」の存在を把握しようと、人口10万人以上の264都市を対象に2018、19年度の活動についてアンケート調査した。11月末から12月20日まで実施し、251市から回答を得た(回答率95%)。

その結果、活動履歴が残っていない団員は18年度に7799人、19年度に3967人いた。2年間にわたって活動履歴が残っていない団員は116自治体に計4776人おり、愛知県豊田市(1171人)、横浜市(890人)、山形市(236人)が多かった。横浜市など報酬を払っていない自治体もあるが、大半が支払っており、支払総額は計3億1427万円に上った。中には子どもの見守りや祭りの警備など手当の支給対象外の活動をした団員も含まれるとみられるが、大半の消防団に活動の実態を把握できない「幽霊団員」がいることが分かった。

幽霊団員化を防止する動きも出ており、福島県郡山市は10月、独自の調査によって1年以上活動がない「幽霊団員」が168人いることを確認。全員に退団を勧告することを決めた。

消防団員は1990年に100万人を割り込み、現在は約82万人。各地の自治体は団員確保を迫られており、「幽霊団員」を抱える理由について「団員の充足率を満たしていることにしないと自治体に注意されてしまう」との声も聞かれた。

団員の処遇は給料にあたる「報酬」と、消火活動や訓練などに出動した際の「手当」がある。消防庁の資料によると、年間報酬の平均額(地方交付税算入額)は3万6500円、出動手当の平均額は1回当たり7000円。地方税収を原資とする自治体が多いが、兵庫県尼崎市や愛知県一宮市など地方交付税で全額を賄う自治体もある。

毎日新聞は18年にも道府県庁所在地の45市を対象に15~16年度の活動状況について同様のアンケート調査を実施、活動実績のない団員が34市で計1548人おり、約7900万円が支払われていたことが判明した。今回は調査の対象を拡大して実施した。【高橋祐貴】

◇「見えない予算を生み出す幽霊を一掃すべき」

今回の調査で判明した「幽霊団員」を利用した不正受給の可能性がある総額は約3億円。106兆円規模の年間予算を組む国家財政に照らすと小さな額だ。だが、税金が原資である以上、一円たりともごまかしは許されない。国からの地方交付税は地方が真に必要とする費用を項目ごとに積み上げる基準財政需要額を基に算定する。「幽霊団員」を理由に国の予算を得る行為は税金のだまし取りと言え、明らかに脱法行為である。

「幽霊消防団」の存在は関係当局の間では古くから知られていた。長年にわたって放置してきた背景には、消防団が自民党の大きな票田という政治的な理由があり、閣僚経験者は「この問題だけは聖域。国会でも扱えなかった」と明かす。

近年は集中豪雨などの災害が多発化。それでも危機的な財政状況の下、消防署などの「公助」(常備消防)にかける予算は大きく増やせない。「共助」の担い手である消防団が果たす役割は今後さらに大きくなっていく。政府は団員の減少を深刻に捉えており、団員確保に全力を挙げる構えだ。だが、処遇改善や負担軽減策だけでは問題は解決しない。ブラックボックスのような消防団に流れるお金の流れを透明化することなしに、共助の担い手は集まらないだろう。

消防団の歴史は古い。江戸時代、八代将軍吉宗が江戸南町奉行の大岡越前守に命じ、町火消し「いろは四十八組」を設置させたことが始まりだ。越前守が持たせた「纏(まとい)」は今も団員の士気を高揚させる消防のシンボル。伝統ある消防団を「不正の温床」としないためにも、見えない予算を生み出す幽霊を一掃すべきだ。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/cd574d5e110315eb646715a6f8e28e538a4f53b4




【上記ニュースに寄せられたコメント】

mmf | 別のニュースでも報じられているように,本来消防団員に支払われるべき報酬が,団員に渡らないケースが多く,消防団でプールして懇親会に使われていることが多いようだ。だから敢えて籍を残しているともとれる。
最近はそこにメスが入り,自治体から団員に直接報酬を支払うようになった結果,このような事態が明るみになったのではないか。

mar | 操法の大会を止めればよいのではないかと思う。
確かに規律ある動作は消火活動には重要であることは理解します。
しかしそれは競うものなのでしょうか?手段が目的と化していないでしょうか?
目標が無いと身が入らないという意見もありますが、すべての団がそうではないですよね?
困ったときの手助けをしたいと思っている方はたくさんいます。でも何かを強制してしまうと二の足を踏んでしまう人が多いことを考えるべきだと思います。

ota | 一度入ると辞めにくいと聞いたことがあります。
サラリーマンにはほぼ務まらないし、自営業でもいつでも出動できるわけでもない。
本当に必要な組織であれば正しく雇うべき。
近年、公務員も非正規の方ばかりで、正規の公務員も少なくなっていますよね。
窓口業務のほとんどが非正規と聞いたこともあります。
季節性のある職種で一時的であれば非正規の期間限定でも良いと思いますが、本当に必要な人員であるなら正規で雇うべきだと思います。

goj | 私が良く知る人口2000人の村は、役場職員の若手男子職員が消防団も兼ねていた。
なり手がいないの主な理由だった。
しかしよく聞いていくうちに、報酬や寄付金は自分たちで好きなように管理していて、年1回ある周辺自治体との消防競技大会のあとはその金でドンチャン騒ぎ。
片道70kmをタクシーで泥酔して帰ってくる。
要は不透明な予算管理をしているそうです。
実際に火災になっても、ひ弱な者も多く初期消火にあまり役にたっていないのが現状。
休日はほとんどの団員が街に繰り出し、もぬけの殻。
消防団制度は見直した方が良い。

hit | 幽霊団員...数年前のうちの旦那の事だ。
田舎町に4世代同居していて、主人の父、祖父、曽祖父も消防団長をしてきたから、加入できる年齢になった時に、旦那の意思確認無しに消防団の名簿に名前が載っていたそうで、でも消防操法大会の時期は毎年仕事終わるのが午前様で、朝も夜が明ける前に出勤して出れず、しかも消防団がやっている事はちょっと集まって殆どがデタラメに呑む飲み会。
お酒が飲めない旦那にとって苦痛にしかならない集まりだし、私も嫁ぐ前に隣町の青年団にいたけど、一緒に活動していた消防団の人達が家庭をないがしろにして飲み歩いて結果離婚した人を何人も見てきたから旦那に消防団活動しなくていいと思うと言っていた。
そして数年前に結婚した当初からお願いしていた消防団からの除名が叶って抜けることができた。
ちゃんとした活動をしている所なら良いけど、飲み団体化している消防団は、見直さないと団員は増えないと思う。

era | 現役、消防団ですが数年前に個人の口座に手当てを入金されるようになりました。
ですが、団運営費として年間4万円を団に渡してます。
年間手当が支給されますが月一回の訓練、火災出動に一回も出なければ約15000赤字です。
消防団の存在が悪い訳ではないです。
火災が起きた時は役に立ってます。
仕事が優先であり地域貢献したい人間が出費してまで消防団に入らないと思います。
昔から住んでる人間は一度入ったら辞め辛い環境です。

big | 現役消防団の分団長をやっています。
幽霊団員と一括りに表現していますが、消防団というのは別の本業の仕事を持っていてその傍らで消防団として活動しています。
自営業なら自分で時間を調整できますが、サラリーマンの消防団員は本業の会社員が優先となります。職種によっては消防団の活動時間に合わなくて活動できない団員を何人か見ています。そういう団員を入れないといけないのは自治体から必要団員数の確保で厳しく言われ、また少子化や町内という自治会の理解も昔と違って協力的ではなくっています。
自治体も本気で消防団という組織を維持したいなら、現行の制度を見直して活動できる団員のみにして、本業を削っても生活できるような報酬を支払うでべきだと考えています。

mi* | 私の父も夫と夫の父も消防団員でした。今は長男が消防団員です。昔の彼も違う地域の消防団員でした。
火災予防週間や年末年始、操法大会前には毎日のように練習、救命教室や催し参加、パトロール。行方不明者の捜索補助や火災などは夜中でも本職の消防士と同じく出動します。
団長になればやる事はもっと増えます。会計や半鐘を鳴らす役目もありました。
団長の奥さんは年末活動の食事の用意も行い、給食用の鍋におでんやもつ煮、おにぎりなど作りましたので大変でした。
「幽霊団員」と言うか、入ったはいいけどサラリーマンでは実際に活動は難しく、一般家庭の奥さんの協力や理解を得るのも難しいかも。必然と幽霊団員になってしまうのかもしれませんね。

tak | 団員が悪いのではなく制度そのものが不要なんだよ。
肝心の火災での出動なんて昼間なら不可能に近いし出動したとしても数年に一度。
20人なら20人で欠員がでると補充しないとダメだが誰も入らない。
だから活動してなくても団員のままにさせられる。
おまけに給料なんて活動に使われるし飲み会の金もそこから支出されるからが外野にごちゃごちゃ言われる筋合いわないよな。
休日を潰してるのにあの待遇なんだし報酬に文句言うのはケチすぎるわ。
最も、国民全員が消火出来るように訓練に参加するように義務づけた方が良いね。
みんなの為に特定の人をこき使えるとなぜ思うのか不思議だよね。

bzh | 現役13年目です。消防団は勧誘のしかたにも問題があります。新しい人を入れないと辞めれない所が多いので勧誘する際は『名前だけでいい』『無理に来なくていい』など言って無理矢理入団することがあります。辞めたもん勝ち的な感じです。
ですが、誇りを持って頑張って活動している団員も大勢います。ほぼボランティア団体で命削って活動しているのでご理解の程宜しくお願いします。

【newscollege管理人コメント】

活動してないのに報酬3億円って聞くと少し驚くね。
でも、地方の消防団員さんの必要性はあるかと、、、でも税金の無駄使いってのはイカン気がするね。
けっこう根が深いかも、この問題は。







-国内news

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.