ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

黒沢年雄 年末の紅白は「理解に苦しむ最悪の歌番組だった…僕は」

投稿日:


歌手で俳優の黒沢年雄が1日、ブログを更新し「年末の紅白歌合戦は理解に苦しむ最悪の歌番組だった…僕は」との思いをつづった。

黒沢は「年末の紅白歌合戦は理解に苦しむ最悪の歌番組だった…僕は」と切り出し、その理由について「ただ騒ぎ立てふざけて進行する…他の歌番組も同じ構成」と説明した。

「それにしても殆ど知らない曲が大ヒット…(すいません…僕の勉強不足)」と自らの勉強不足も反省しながら「長い歌詞に大声で叫ぶだけで心に伝わってこない…」との思いを吐露。

「ヒット曲はその時代を反映し思い出に浸る…郷愁が全く無い…」ともつづり「やりきれない気持ちを持ちながらベッドに入った…時代遅れの自分に自問自答しながら…」と、自分も“時代遅れ”としながらも、今年の紅白への思いをつづっていた。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/329cde477788f0b93e3aa43245f0376a3844ddee




【上記ニュースに寄せられたコメント】

Kin |  義務ではないのだからそんなに無理してまで見なければいいのでは?

hap | 今回の紅白は無観客ということもあると思うが変な演出もなく、ここ数年の中では一番落ちついて良かったと思う。
まぁ黒沢さんは過去の人だから、最近の流行りの曲についていけず、文句を言いたいんだろうけどね。

hax | 人にはそれぞれの感想があって当然の事ですが、このような最悪という明確な理由がないのに番組批判をしてまでブログに載せる理由は全くないと思います。

coi | 北島三郎が今の時代のいい所をちゃんと探してコメントしてたのが分かりやすくて良かった。
出演されてる方は特別な思いで出てらっしゃったと思うのですが…同業者に「最悪」と言い捨てる方が理解に苦しむ。

ura | 北島さんみたいに、若い人もいい詩を書いたり素晴らしい歌声だねえ、と素直に褒められる人もいれば、黒沢さんみたいに、若い奴の詩や歌は絶対認めねえ、みたいな人もいる。
黒沢さんは、先日の3時のヒロインの体型批判然り、若い人が作るものや考えそのものに拒絶反応があるようだから、若い人を一切観ない、共演もしない以外に対処方はない気がする。

jir | 締めの北島三郎の言葉が素敵だった。
自分らの頃は日本に向けて歌ってた、今の人は世界に向けて歌ってる。

sek | 私は、平成の後半の「紅白」よりは令和2年の「紅白」は良かったと思います。
令和3年の「紅白」に期待いたします。
私も、65歳ですが、最近の歌を知ろうとしないのじゃないですか?
この年ですから、演歌や、スローなテンポの歌が耳に心地良いのは認めます、しかし、ミーシャさんや、LiSAさんの歌とても素敵でした。
私さえ歌詞は解らないですが、口ずさみますもの。
でも、郷 ひろみさんも素敵!
松田聖子さんも良かった!キーちゃん・・飛んじゃったのね~
楽しい年の暮れでした、若い歌い手さんに刺激を頂いてコロナ禍の中生き抜いて、今年の紅白も観るぞ!

tkc | 自分が時代の流れに付いていけなくなっただけなのにを、その時代を引っ張る人を悪く言うべきではない。
今は黒沢さんが思う昔より、ずっと競争が激しい世の中なんです。
みんな何か爪痕残そうと必死なんですよ。

ara | 毎度のことだけど。
自分のブログで何書こうが自由
それを記事にして広げるスポーツ紙こそ余計なお世話
そしてそれをトップにあげるYahooニュース
少なくとも私はYahooニュースで見かけなければ、この人の発言など目にすることも気にすることもなかったでしょう。

pet | その時代に応じた番組を作るのが大切なことではないでしょうか?
もちろん貴方も素晴らしい歌を歌っていましたが、もしも演歌歌手が半分以上出る歌番組を今の人たちが見るかと言えばそうではないでしょう。
流れには身を任せないとね。

【newscollege管理人コメント】

紅白出場経験が『箔』になるのが理解出来ないwww。
選考基準もアイマイだし、何故紅白がチヤホヤされるのが謎過ぎるとおもってる。
年末は歌番組が多すぎるから、少し間引いて欲しいくらい。
聞きたい音楽はネットで充分に楽しめる。







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.