ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

ワッキー、過酷がん闘病生活を激白 首に2カ所転移「実は、早期発見ではなかった」

投稿日:


中咽頭がんから復帰したお笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー(48)が、スポニチ本紙に過酷な闘病生活を激白した。「ステージ1」と公表していたが、首に2カ所転移していたことを告白。体重は10キロ弱減り、放射線化学療法も体に合わず苦しんだという。昨年4月に発覚してから約10カ月に及んだ療養を経て、現在は「体を張る仕事も大丈夫」と意欲満々。得意の新作一発ギャグを元気いっぱいに披露してくれた。

「不安でしたね。自分の復帰のメドも立たず、ましてコロナ下。戻っても仕事があるのか、家族を食わせていくことができるのか、気がおかしくなるくらい不安な日々でした」

昨年6月に中咽頭がんを公表。闘病は長期化した。「実は、早期発見ではなかったんです。中咽頭から首2カ所に転移していた」。

ワッキーのがんはウイルス性だった。ウイルス性は放射線化学療法による効果が大きいという特徴があり「放射線の効き目を考慮してステージ1と診断されたが“普通ならステージ3~4”と言われた」と話す。

2カ月の入院生活。食べ物を喉に通せないため、胃に管を通し栄養を注入する「胃ろう」を取り付けた。放射線治療も合わず、ひどい吐き気が長く続いた。その影響で「10キロ弱はやせました」。

昨年8月に退院するが「その後の方がきつかった」という。喉の痛みに苦しみ、「へんとうを腫らした時を強くした感じ」。唾液が減って口がカラカラになる症状もみられた。それらが芸人の命といえる声に影響した。「声を出しづらくなり、それは今でも少し残っています」。

それでも、入院中はコロナ禍で会えなかった家族や、相方のヒデ(49)の応援が回復の支えになった。「ヒデさんが“待ってるから。大丈夫だから”と常に言ってくれた」。14日にYouTubeで公開した復帰動画で、ヒデは再会に涙した。ワッキーは「ヒデさんは昭和な男気があり、人前で泣く人じゃないんです。もらい泣きしちゃいました」としみじみと話した。

以前を100とすれば、今は「アキラ100%ならぬ、ワッキー85%くらい」という。ただ体重もほぼ元に戻り、体を張る芸も辞さない。明石家さんま(65)司会のフジテレビ「さんまのお笑い向上委員会」は心身とも最も負担がかかるといい「あの番組だけは90%くらいになってからにしたいですが、あとは何でもこい」と復調をアピールした。

この日は「作ったばかり」というギャグを見せてくれた。「鬼滅の刃」をモチーフに大声で「森の呼吸、進、一ノ型!こんばんは、こんばんは」と刀を振るしぐさ。顔は歌手の森進一(73)を思わせる“変顔”。もう完全復活だ。

今後は「大勢のお客さんの前で、コンビで最高に面白いネタをするというのが目先の夢です」という。「闘病中に一番やりたかったこと。コロナの収束も含め、またそういう世の中になってほしい。死んではいないですが、よみがえったワッキーというのを全力で出していきたい」と意欲を燃やした。

《敬愛する志村さんの分まで》昨年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんの死には「本当に無念です」と話した。「芸風もしかりですが、人生で一番影響を受けた方」といい、訃報を知った日にすぐ西武鉄道・東村山駅前の3本のケヤキ「志村けんの木」に献花に訪れた。自身のがんが見つかったのは、わずか数日後。「まさか献花の時は、自分も大きい病気をするなんて思っていなかった」。回復した今、志村さんの分まで笑いをとる。

▽中咽頭がん 鼻の奥から食道までの飲食物と空気が通る咽頭の中ほどにできるがん。自覚症状は喉のしこり、食べ物などをのみ込む際の違和感、リンパ節の腫れなどがあるが、初期段階ではいずれも気がつきにくいという。原因としては、喫煙や飲酒などが挙げられる。治療には主に外科的手術、抗がん剤などの化学療法、放射線療法があるが、発見が早かった場合には放射線治療が行われる。進行している場合には、声帯を切除しなければならないこともある。

◆ワッキー(わっきー、本名脇田寧人=わきた・やすひと)1972年(昭47)7月5日生まれ、北海道出身の48歳。ボケ担当。市船橋高サッカー部在籍時にインターハイで全国制覇。その後専大に進学。94年、サッカー部の先輩だったヒデと「ペナルティ」結成。芝刈り機のモノマネなどでブレークした。07年に一般人女性と結婚し、2児の父。趣味は麻雀、けん玉など。身長1メートル78。血液型B。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/0cd19c14a2c3ac87d7960f49e01a6a83a9bc64dd




【上記ニュースに寄せられたコメント】

abc | 辛い治療をよく乗り越えられましたね。
病院では他の闘病中の患者さんに声かけたりされていたとのことですが、同じ患者だからこそ分かり合える事もありますよね。
ヒデさんとの再会動画、コンビ愛をとても強く感じました。

mfh | 私も同じ時期に同じ病気に罹り、全く他人事ではなく気になっておりました。取り敢えず、快方おめでとうございます。まだまだ、お辛いとは思いますが、お互いに100%、いや120%目指して頑張りましょう。
今は直ぐに疲れてしまうので、無理しないでセーブしてくださいね!

fhw | 元気に仕事復帰されたとのこと、本当に良かったです。
今、悪性の腫瘍があるかもしれないと数回検査をしている自分にとってはとても励みになります。
どうしようもないくらい不安な気持ち、当事者になってからはっきりと理解できました。
芸人さんとしてお父さんとして、これからも頑張ってください︎

tok | 以前ワッキーさんを海ほたるパーキングエリアでみかけました
友達とワッキーじゃない?といったら聞こえたみたいでわざと私たちの目の前にを何回も往復して声かけてみたいなリアクションをとってました
最後は笑って手を振ってさっていかれました
素敵なお人柄だなと思い
それ以来ファンになりました
またテレビでの活躍楽しみにしています

sob | 「ステージ1で見つかって良かったじゃん」と思っていたけど
そんな簡単な事では無かったんだな・・・
何にせよ、復帰おめでとう!!
(地名しりとり好きでした)

tar | タバコや飲酒が原因の事が多いみたいだけど、ワッキーさんは、そう言った刺激系より、ウィルス性だったみたいだが、何かきっかけでウィルスに感染する場合が多いんだろう。それも知りたい。

kos | 昨日、情報番組を見ていて、ワッキーが相方のヒデさんにサプライズで会いに行くシーンがあり、会うのは10ヶ月ぶりだったそうです。
ヒデさんは、とても驚いててワッキーに背中を向けて号泣。ワッキーも泣いていた。
最後に、一緒に撮った画像の2人は良い表情をしていて、コンビ愛を感じた。
ワッキー、お大事に。

rem | 喉がカラカラになる…唾液がでない状態を薬の副作用で経験した事がありますが、唾がでないから飲み込める動作もしても喉が乾燥して出来ない、
ほんとにこれは辛いです。体の一つ機能を失ってしまうと人間はこんなにもろいのかと改めて健康に気をつけなきゃと思いました。

hbh | 私の父も肺癌で放射線治療をしましたが、わずか半年で他界しました。
辛い治療を耐えて、復帰できたこと、本当に良かった。
ヒデさんも不安で仕方なかったんだと思う。
これから二人で頑張って欲しい。

shi | 大変だったんですね、、。
ステージ1を軽く考えていました。
今までの芸風でいくと、身体を張ることも多くてなかなか大変だと思いますが、無理せず体調と相談しながら、また楽しませてください。

【newscollege管理人コメント】

ワッキーさんって好きな芸人さんなので、早期に復帰して活躍して欲しい。
じゃあ面白いのかっていわれるとそうでもないんだけどw
人柄だろうか、ワッキーさんを拝見していて悪い気がしない。







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.