ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

木下優樹菜、“ヤンキーモデル”で復帰していた! 再デビューのワケをブランドに直撃

投稿日:


「タピオカDM恫喝騒動」が明るみになり、2020年7月に芸能界を引退した木下優樹菜。夫の藤本敏史との離婚や、まさかの「不倫疑惑」が降りかかってから、すっかり話題にのぼることも少なくなっていたが、ここにきて新たな展開が。

3月13日にアパレルブランド『GALFY(ガルフィー)』の「2021 Limited Collection」のモデルに起用された旨の投稿をしたのだ。

「可愛い犬のロゴデザインがヤンキー層にヒット。『GALFY』は'90年代に最盛期を迎えました。“ヤンキーが着ている犬の服”と言えば、見覚えのある方もいるのではないでしょうか。その後、新作の販売がストップしていた時期もあったのですが、3~4年ほど前に新たなデザイナーを迎え、復活しました。近年では世界的歌姫のアリアナ・グランデが着用したことも大きな話題になりましたね」(ファッション誌ライター)

木下、そして『GALFY』のインスタアカウントはともに、同ブランドの衣装に身を包んだ彼女の画像をアップ、そのテキストには「ファッション的治安惡化推進會」「惡犬」なるおどろおどろしいコメントを添えている。さらには「#最強の一般人」というハッシュタグも。

フジモン とのデートを撮られたときも着用
木下のフォロワーからは今回のモデル起用に「かっこいい」との声もあがっているが、昨年からのイメージ悪化が著しいからか、一般層からはまだ「引退したのにまたタレント活動?」「裁判は終わったのか」といった批判的な声も集まっている。木下を起用するのはリスクもそれなりに大きそうだが……。

「引退する前には500万人いた木下のフォロワーも、現在の新アカウントでは50万人ほどと、少しパワーダウンした感も否めません。ですが、すでにいくつかのネットニュース媒体がとりあげていますし、宣伝効果はフォロワー数以上のものがあるでしょう。購買層はヤンチャな人たちが多く、ブランド側のイメージダウンも少ないでしょう」(アパレル業界関係者)

また、木下と『GALFY』には遠からぬ縁があって、

「まだ藤本さんと結婚する前、ふたりがコンビニに相合い傘で入っていくところを『FRIDAY』が報じています。そのときの木下さんのファッションが“ド派手なGALFYの真っ赤なジャージ”だったんです。そのインパクトが大きすぎたこともあってか、同誌ではしっかりブランド名も取り上げられていましたね。

当時、ヤンキーキャラ全盛だったユッキーナさんはフジモンさんにも同じようなファッションをすることを求めていたとか。そういった過去も、今回の起用のきっかけになったのではないでしょうか」(週刊誌カメラマン)

木下といえば、トラブルのあったタピオカ店のオーナーとはいまだに係争中である。タピオカ店のオーナーが和解金として1000万円を求めるなか、木下サイドは“100万円までしか出せない”と争っていることを『週刊女性』は報じている。裁判の様子は非公開だが、まだ決着したとの話も聞こえてこない。

「木下さんはインスタアカウントを新たに開設してから、ファンとのオンライン上での交流を呼びかけたりと、自分の支持者であるフォロワーとの距離感を確かめている様子でした」(芸能プロ関係者)

そんな動きもあってか、最近ではビジネスにも前向きになっているそうで、

「最近ではインスタでも商品を宣伝するような投稿も見受けられるようになり、インフルエンサービジネスに舵をきった感はあります。藤本さんからも養育費は今も支払われているようですが、生活レベルはなかなか下げられませんからね。インスタのDMでオファーがきたとか。

『GALFY』の服に関しては、若いころは好んで購入していましたが、2011年ごろから部屋着としても着るのをやめていたそうです。そこからは専属モデルを勤めていた雑誌でも“ガーリー”な系統に舵をきるようになりました。同ブランドのモデルとして“ヤンキー系”キャラを復活させた背景には、“家族のためにも仕事を頑張る”という意思表示もあるのではないでしょうか」(同前)

ユッキーナの起用でアクセスは3倍に
確かに木下のアカウントをみれば、『GALFY』について発表したのと同日に、別のセレクトショップとコラボしたTシャツの販売も宣伝しており、ここにきてモデル業に精を出しているようだ。

今回の“復活劇”の舞台ウラはどうなっていたのだろう。『GALFY』の広報に問い合わせてみたところ、以下のような回答が。

──起用した経緯は?

「もともとヤンキーキャラとして活躍されていたと存じております。それも含め、ブランドイメージにも合うということでオファーをさせていただきました。芸能人の方をモデルに起用したのは今回がはじめてです」

──反響は?

「着てもらった商品はちょうど今日(3月16日)発売になるのでまだ売れ行きに関してはわからないですが、インスタグラムのフォロワーもかなり増えてストーリーズの閲覧も普段の3倍ほどになりました。

DMも良いものから悪いものまで、さまざまなご意見をいただきましたが、基本的には“かわいい”といった好意的な反響を多くいただいております。また、同業からも“ブッキングが秀逸でいいですね”というお声もいただけました」

──撮影されたときの木下さんの印象、そしてやりとりなどあれば。

「すごく喜んでいただけましたし、現場のスタッフともテンションが合ったと聞いております。テレビに出ていた当時のままの印象だったようです。撮影前に展示会に来ていただいて、撮影当日にお会いした程度で“この服を着てください”といったようなやりとりが主でしたが、とにかく喜んでいらっしゃったというのが印象的です」

──今後も『GALFY』のモデルとして起用していく?

「こういったコラボレーションは“一度きりのほうが面白いかな”という話はあがっております。ブランドの見え方はいろいろと変えていきたいというデザイナーの意向もありまして」

──インスタグラムにアップされた「最強の一般人」というフレーズが印象的です。

「撮影中に盛り上がり、そのようなワードが出たと聞いております」

──芸能界を引退した木下さんですが、今後については何か聞いていますか?

「特にそういったお話はしていないですね。ただ今回の件でオファーしただけで、今後については存じあげておりません」

“ヤンキーキャラ”復活でふたたび芸能界にカチ込みに来る日も近い!?

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/da395109c227e9257ed18901269f81ef2232a2fa




【上記ニュースに寄せられたコメント】

nak | 昨年7月の引退以降、9月に新たにインスタグラムを立ち上げ、日々の生活やコスメ情報などをアップされてきました。
そして、今回“モデル”としての活動が出てきました。
何をもって芸能活動とするかは微妙な領域です。
ただ、各所に取材をする中で、大きなポイントになると僕が考えているのが「“私人の殻”の意味」です。
トラブルが報じられ、会見などを求める声もある中、引退という大きなカードを切ることで騒動は一応の幕引きを迎えました。
ただ、今回の動きで再び“殻”から出ることになるのか。
木下さんがインスタグラムにつけている「♯最強の一般人」という言葉にいろいろな思いが込められているような印象も受けます。
今回の活動に関して、以前の所属事務所は一切関知していないと聞きます。
どちらに向いて走るのも、全ては木下さん次第。
今後、木下さんが何を求めて動くのか。しっかりと注視したいと思います。

ku0 | ヤンキーモデル?何それ。
本当柄が悪い、この人が好感度夫婦に選ばれていたことが違和感しかない。

sak | 『ヤンキー』モデルとしてしか需要がないのでしょうね。
イメージが大事な大手ファッション雑誌や有名ブランドでは余りにもイメージが悪過ぎて起用できないだろうし。

sut | こんなの買う人がいることに驚き。。。普通の感覚なら恥ずかしくて着られない。

gaj | ガルフィーって昔のヤンキーや反社が着ていた犬の刺繍の入ったジャージが有名なブランドでしょ。
ある意味最も相性のいい組み合わせww
今は芸能界は引退したと聞いているので、フリーの素人モデルさんなのだと思います。
ガルフィー好きな人達のコミュニティの中から出ずにその中でチヤホヤされて、もう我々一般市民にはあまり関わらないで欲しい。

*** | ダサい。でもこの人の本質はブランドの購買層と同じだろうから、オシャレアパレルのイメージキャラよりやりやすいだろうな。
お似合い。

3mi | 心技体全てがマッチしたヤンキーモデル業。やっと天職が見つかったな。

wnu | 反省という意思は無いんでしょうか
自分を全面に出した、ヤンキーモデルで復帰
ギャルブランド…聞いて呆れますね
挑発するような形でしかアピールできないところを見ても、生粋のヤンキー
この時代に流行らないし、子供にも悪影響
母でもあるのだから、子供の事を考えると、もっと真面目な道があるんじゃないの と思う

one | 元暴力団員でそこそこ人気なYouTuberもいるし、そういう方向で売ってくんでしょうかね。
やっぱり人って変わらないんだなあと感じました。

*e_ | GALFY着てる人もう見ないな〜まだ新作?が出てる事に驚き。

kaz | 恫喝問題が解決してないのにこいつを起用するということは、このブランドは「恫喝行為」を問題とは思っておらず、「恫喝行為を行った木下を容認する企業」という認識で良いってことなんだよね?他の企業が起用取り止めしてるってのは「恫喝行為」を問題視しているからなんだから。

【newscollege管理人コメント】

一般の感覚持ってる人達には受け入れたもらえないでしょうね、木下さんは。
イメージ悪すぎる。
しかし、一定の数の人たちには人気あるのは事実。
まぁ、彼女も生活あるから頑張って子供育てないといけないからね。
しょーがないすよね^^







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.